茨城大学教育学部の教育計画に基づき,教育の理論及び実践に関する研究,学生の教育実習を行う附属学校です。


Copyright©2015 茨城大学教育学部附属中学校 All Rights Reserved.
TEL. 029-221-5802

〒310-0056 茨城県水戸市文京1-3-32


平成30年度カレンダー「学校行事予定」

第1回ミニ公開授業研究会を行います

第2回ミニ公開授業研究会を行います

今後の予定

期  日 行  事  等
6月26日(火)  学年保護者会 
6月28日(木)  第1回 ミニ公開授業研究会 
7月2日(月)   学校評議員会
7月4日(水)  実力テスト 
7月6日(金)  水戸市小中学校音楽の集い 
7月7日(土),8日(日)  県中学校総合体育大会水泳競技の部 
7月10日(火)   第2回 ミニ公開授業研究会





BLOG 学
校の様子 これまでのBLOGをご覧いただけます。左のBACK NUMBERからお入りください。

平成30年6月23日(土)
<「ダメ。ゼッタイ。」普及運動626ヤング街頭キャンペ-ン>
 6月26日が国際麻薬乱用撲滅デーであることを受けて,23日(土)に水戸駅において「ダメ。ゼッタイ。」普及運動626ヤング街頭キャンペーンが行われ,本校から4名の生徒が参加し,普及運動のティッシュを配りながら,国際連合薬物犯罪事務所へ寄付される募金を呼びかけました。生徒は「ティッシュを配るのが難しかった。」「照れ臭かった。」という気持ちを抱きながらも,薬物問題をなくしたいという想いを強く持ちました。本校がこの普及運動に参加するのは3年連続で,普及運動の前に茨城県保健福祉部長名で表彰も受けました。薬物のない社会環境づくりを切に願います。

平成30年6月22日(金)
<水戸市中学校総合体育大会4日目>
 水戸市中学校総合体育大会4日目が行われました。本日は剣道競技の部で男子団体戦,女子個人戦ともに熱戦が繰り広げられました。大会の結果,剣道部は男女ともに中央地区大会に出場することになります。中央地区大会でのさらなる活躍を期待しています。
 市内大会を勝ち抜き中央地区大会の出場権を獲得した部は,さらなる目標の実現に向けた練習が続きます。一方,3年生の引退を迎えた部では,新チームの体制づくりが始まりました。3か年の最終目標である総合体育大会は,1,2年生にとっても,3年生にとっても大きな節目です。この節目を迎えるにあたり大切なことは,気持ちを切り替えることです。新たな目標の実現に向けて歩み始める生徒たちを応援していきたいと考えています。
 総体期間中,多くの保護者の皆様に会場に足をお運びいただきました。応援有難うございました。

平成30年6月21日(木)
<水戸市中学校総合体育大会3日目>
 水戸市中学校総合体育大会3日目が行われました。本日からいよいよ剣道部も加わり,市内各地で熱戦が繰り広げられました。多くの競技で決勝トーナメントなどを行う中で,昨日に引き続き,団体種目では男子テニス部,個人種目では女子剣道部の選手が中央地区大会への出場権を獲得しました。大会もいよいよ明日の剣道競技で終わりになります。
 そのような中,中学校部活動が終了した選手がいます。「さあ,次の目標に向けて頑張っていこう!」と,口にするのは簡単ですが,これまで夢中になって取り組んできた選手にとっては難しいことかもしれません。先ずは,これまで頑張ってきた自分自身を褒めて,認めてあげていって欲しいと思います。

平成30年6月20日(水)
<水戸市中学校総合体育大会2日目>
 水戸市中学校総合体育大会2日目が行われました。サッカーは雨中での試合となりましたが,劣勢のまま迎えた後半の終了間際に追いつき,PK戦を制するという劇的な展開で中央地区大会の出場権を獲得しました。また,団体種目では男子バスケットボール部,個人種目では卓球部,柔道部の選手が中央大会への出場権を獲得しています。限られた練習時間にもかかわらず,計画的で効率的・効果的な練習の積み重ねが結果として結実したことと思います。一方,ほんの僅かの差で中央大会の切符を逃してしまった部についても,これまでに流した汗や積み上げた努力は他の部と何ら変わるものではありません。試合に出場したすべての選手の健闘を称えたいと思います。
 試合は明日も続きます。本日同様に温かい励ましや応援をよろしくお願いします。

平成30年6月19日(火)
<水戸市中学校総合体育大会,中央地区総体水泳競技の部>
 水戸市中学校総合体育大会の各種競技が市内各会場を舞台に開幕しました。総合体育大会は,3年生にとって,3か年の集大成となる大切な大会です。どの会場でも,これまでの練習の成果を存分に発揮し,一瞬一瞬にすべてをかける選手たちの姿が見られました。本日の時点で,男子卓球団体,男子ソフトテニス個人など,いくつかの団体,個人が中央地区大会の出場権を獲得しています。本日,惜しくも敗退してしまった部もありますが,2日目に勝ち残った部,明日から開幕する種目など,市総体はまだ続きます。敗退してしまった部や,体調を崩したり,けがをしたりするなどして,試合出場が叶わなかった選手たちの思いものせて,明日以降の試合にも附属中生らしく臨んでほしいです。
 18日(月)から19日(火)にかけて,中央地区中学校総合体育大会水泳競技の部も行われました。男女ともに多くの選手が入賞し,特に男子は市内大会に続いて見事,総合優勝に輝きました。選手の皆さん,応援してくださった保護者の皆様,本当におめでとうございます。
 保護者の皆様からの声援は生徒にとってこの上ない励みとなるものです。お時間が許せば,明日以降も各会場に足をお運びいただき,お子さんの躍動する姿をご観戦いただければと思います。なお,ソフトテニス競技については明後日への順延が決定しています。

平成30年6月17日(日)
<音楽科授業づくり研究会について>
 17日(日)に,本校音楽室で音楽科の授業づくり研究会を行いました。本校では,箏(こと)の授業に取り組んでいますが,それを発展させ,箏をともなった「伝統的な歌唱」の授業の提案ができるよう,茨城大学非常勤講師で邦楽家の大須賀佳緒里先生を本校にお招きし,ご指導・ご助言をいただきながら,音楽の担当者が生徒に伝統的な歌唱を教えることのできる最低限の技能を身に付けたいと考えています。研究会には,近隣の学校の先生方や,茨城大学音楽科の学生さんにも来ていただき,実のある講習となりました。次の授業づくり研究会は7月15日(日)の午後を予定しています。

平成30年6月16日(土)
<小さな音楽会に出演しました>
 16日(土)に,常陸太田市民交流センター(パルティホール)主催「小さな音楽会」に本校合唱団が出演しました。当初は,ロビーでの開催予定でしたが当日の気温が低く,急遽多目的ホールでの開催になりました。混声合唱だけでなく,男声合唱,女声合唱など,合計6曲を演奏しました。地域の方にも来ていただき,温かいお言葉や激励のお言葉をいただきました。7月,8月と演奏の機会が続きますので,この経験を糧に,よい演奏ができるよう,練習に励みたいと思います。

平成30年6月15日(金)
<宿泊共同学習に向けて>
 毎週金曜日の6校時は,学級活動の時間です。本日は,来月17(火)から全学年で実施する宿泊共同学習に向けての係会を,どの学年も行いました。宿泊共同学習のねらいを確認し,実行委員の生徒を中心に学年目標を考え,みんなで大切にすべきことを共有ながら活動を進めています。
 本日は,各係の目標を話し合った後,役割分担等を行いました。学校における話合い活動では「出し合う,比べ合う,まとめる,聴き合う」のキーワードをもとに実践を深めています。本日は,どの活動場所に足を運んでも,生徒が前に出て教室のメンバーの意見をよくまとめていました。これから係ごとに創意工夫ある活動を展開していく予定です。附属中学校らしいオンリーワンの宿泊共同学習を創り上げてくれることを願っています。
 保護者の皆様にお願いです。現在,第2学年の医療ボランティア(医療に携わっていらっしゃる方1名)を募集しております。ご協力いただける場合には,学校までご連絡ください。よろしくお願い致します。


<水戸市中学校総合体育大会水泳競技 男子総合優勝!!>
 7月9日(土)に,水戸市小吹運動公園屋内プールにおいて水戸市総合体育大会水泳競技の部が開催されました。本校からは1年生から3年生の男女合わせて11名の選手が出場しました。本校には水泳部はありませんが,日頃個人的に水泳に取り組んでいる生徒,本格的には水泳をやっていないが水泳が好きで,ぜひ力を試したいという生徒が集まり,大会に臨みました。それぞれが自分らしさを発揮し,男子はメドレーリレーで大会新記録を樹立し,見事男子総合優勝という立派な成績を収めました。

平成30年6月14日(木)
<中央地区中学校総合体育大会陸上競技の部に参加しました>
 6月14日(木)に笠松運動公園陸上競技場で中央地区中学校総合体育大会陸上競技の部が行われました。本校からは水戸市の予選を突破した13名が参加し,上位入賞や自己記録の更新等を目指して精一杯競技しました。男子は佐々木勇人さん,後藤魁士さん,小野友輔さん,女子は吉成朋夏さん,佐々木希美さん,梅木那央さんがそれぞれ入賞を果たしました。おめでとうございます。

平成30年6月13日(水)
<グローバル市民科の全校講座が始まりました>
 本日,4校時に,グローバル市民科の全校講座「しあわせ社会の実現~働きかけること~」の第1時間目を行いました。まず,三年生の代表生徒が,昨年度の取組について発表を行い,その後,少子高齢化問題などについて縦割り小グループで話し合いました。授業の最後には,「しあわせ社会とは」と「なぜ働きかけることが大切か」について自分の考えをまとめました。学び合う意味を考えた有意義な時間になりました。
 昨年度のテーマは「しあわせ社会の実現~決めること~」でした。今年度のサブテーマは「働きかけること」になります。生徒が社会に働きかけていけば,社会は必ずしあわせな方向に変わっていくはずです。これからの生徒の学びに期待しています。

平成30年6月12日(火)
<全附P連絵画コンクール2018に向けて>
 本日,本校の会議室において,全附P連「絵画コンクール」茨城審査会の決起ミーティングを行いました。磯﨑PTA会長,和田,甲野藤,大竹PTA副会長をはじめ,本校の本部役員の皆様はもちろん,幼稚園,小学校,特別支援学校のPTA本部役員が集まり,磯﨑PTA会長を統括本部長とし,四附属が連携し合って組織的に進めていくことを確認しました。また,事前準備,当日の運営の仕方など,仕事内容の確認を行いました。
 全附P連「絵画コンクール」茨城審査会は,9月23日(日)に準備を行い,本審査は24日(月)に茨城大学体育館で行います。生徒の皆さんにとっては,夏季休業中の絵画課題の一つになりますので,奮って応募くださるよう,ご家庭でも声かけをお願い致します。

平成30年6月11日(月)
<総合体育大会選手壮行会を行いました>
 本日の集いの時間に,集会委員会が主催となって,総合体育大会に向けた選手壮行会を行いました。集会委員会の生徒は,この日のために準備を積み重ねてきたこともあり,温かい雰囲気のもと,スムーズに会が運営されました。総体に向けた意気込みを,どの部の主将も自分の言葉でしっかりと語ることができました。意気込みは,「誓い」でもあります。全校生徒の前で誓ったことを心に刻み,附属中学校の代表として立派な態度で試合に臨むことを願っています。選手の皆さんの健闘を祈ります!
 3年生にとっては,3年間の集大成となる大切な大会です。中央地区陸上大会は6月14日(木),中央地区水泳大会は6月18日(月)と19日(火)の二日間,水戸市の各種目は6月19日(火)から22日(金)にかけて市内各会場で開催します。保護者の皆様も,各会場での温かい応援をよろしくお願い致します。


 水戸市中学校総合体育大会水泳競技の部が6月9日(土)に行われました。
 附属中学校は,男子メドレーリレーで大会新記録を樹立し,見事第1位に輝きました。結果の詳細は後日,紹介させていただきます。

平成30年6月7日(木)
<市総合体育大会陸上競技の部が行われました>
 7日(木)に,ケーズデンキスタジアムで水戸市総合体育大会陸上競技の部が行われました。日差しが強く,気温がとても高くなりましたが,参加した本校生徒44名は,精一杯競技に臨みました。目標を達成できた生徒も,惜しくも届かなかった生徒もいましたが,男子総合6位,女子総合7位と,男女ともに入賞という立派な成績を収めました。また,個人で中央地区大会や県大会の出場が決まった生徒もいます。
 自分の競技でない時間に友達の応援をしたり,審判を務めてくださった方に感謝をしたりするなど,附中スポーツフェスティバルの目標として掲げている「する」「みる」「支える」姿が随所に見られました。たいへんよくがんばりました。



<校内授業研究会を行いました>
 本日6校時,技術・家庭科(技術分野)の滝本教諭が研究授業を行い,文部科学省の上野耕史教育課程調査官にも参観していただきました。「机やいすに込められた工夫を読み取ろう」という課題に対して,「技術の見方・考え方」に気付くことを主眼とした授業を行いました。生徒の表情,発言などから,見方・考え方のよさが十分に発揮されていると感じることができました。放課後には,私たち教員に対して,上野調査官からこれからの研究についてのご指導も受けることができました。


■本日の茨城新聞に,本校3年生の阿部大樹さんの記事が載っています。そろばんの全国大会で,中学生の部で見事優勝を収めたというものです。おめでとうございました。

平成30年6月6日(水)
<食の安全について考えました>
 昨日,2年3組と4組が奥久慈憩いの森で体験学習を行ったことについて,お知らせしましたが,同日,2年1組と2組では,安心・安全に関する学習の一環として,スクールボランティアコーディネーターの方のご尽力で,シュガーレディーつくば支店長福島弘信様,シュガーレディーマネージャー藤井様にご来校いただき,食の安全についてのお話をいただきました。講話では,食品にたくさんの添加物が使われていることなどを,砂糖水をジュースにするまでの実験などを交えて楽しく学ぶことができました。また,液体窒素を用いてボールやお花を凍らせる実験,液体窒素を流して一瞬で気化させる実験などもあり,生徒にとって多くの学びとなりました。2年生のグローバル市民科では,5月22日(火)には,水戸警察署生活安全課長の鷺野谷様にもご来校いただき,防犯の視点で安全や安心について考えましたが,今回は食という視点で安全と安心について考えることができました。

平成30年6月5日(火)
<奥久慈憩いの森で体験活動を行いました>
 グローバル市民科の環境に関する学習の一環として,2年3組と4組が奥久慈憩いの森で体験学習を行いました。
 まず,元林野庁の若園様から,樹木の特徴や役割についてのお話をいただきました。昼食をとったのちに丸太切り体験を行いました。のこぎりの使い方に最初は悪戦苦闘している様子でしたが,慣れてくると何度も挑戦する生徒も出てきました。切り取った部分はコースターなどに使用できるということでお土産にいただきました。
 1本の樹木を育てるには多くの年月と手間暇がかかるとのことです。たいへんである一方とてもやりがいがあり,自分たちの仕事が誰かの生活を支えていることを誇りにしているとのことでした。今後,進路について考えていくこととなる生徒たちにとって,大いに参考になる素晴らしい体験を積むことができました。

平成30年6月4日(月)
<第1回キャリア教育講演会を行いました>
 Vリーグ,パナソニックパンサーズの部長で,元全日本バレーボール男子監督の南部正司様を講師にお招きし,第1回キャリア教育講演会を行いました。先生は特に「人間力」に関連させながら,①固定観念の排除,②自己完結力,③異種・国際交流,④仲間作り,⑤コミュニケーション力,などに関わって,ご自身の経験を元にお話をしてくださりました。
 今回の講演会の運営は,男女バレーボール部の生徒が中心となって進めましたが,南部先生からは,生徒自身の手で作り上げていく今回のような経験がとても大切であるというお話もいただきました。また,暑さにも関わらず,本講演会に多くの保護者の皆様にご来校いただきまして,誠にありがとうございます。キャリア教育講演会は今後も継続して実施していきますので,今後ともよろしくお願いいたします。

平成30年6月1日(金)
<市陸上競技大会の選手選考会を行いました>
 水戸市中学校総合体育大会開会式及び陸上競技の部が6月7日(木)にケーズデンキスタジアムで行われます。総体の各種目は6月19日(火)から市内各会場で行われますが,陸上競技の日はその皮切りとなる大会になります。
 大会に先立って,本日放課後に陸上の選手選考を行いました。選考の結果,惜しくも選考にもれてしまった選手の想いや願いを胸に大会に出場する選手の皆さんを,全校で応援していきたいと考えています。大会まで練習時間は僅かではありますが,選手の皆さんの健闘を祈ります。

平成30年5月30日(水)
<校内環境の整備が進んでいます>
 校舎内を巡ると,つい足を止めてしまう場所が増えてきました。各階の学年掲示板には生徒たちの創意工夫に満ちた掲示物が並びます。本当に伝えたいメッセージだからこそ,読んでいただくために知恵を絞り,手間をかけ,時間をかけて作成していることと思います。ご来校の際には,ぜひ生徒たちの手作りの掲示物にも注目していただければと考えています。生徒たちの発想は尽きることがありません。今後も新たな成果物を創造し続けるものと思います。

平成30年5月29日(火)
<第1回テスト同時実施日>
 29日(火)は,本年度の第1回テスト同時実施日でした。生徒たちは,登校後の朝の時間や読書の時間,休み時間等,寸暇を惜しんで学習内容の最終確認を進めていました。「テスト」と聞くと,点数や順位のことを気にしたり,高校入試などの選抜試験などをイメージしたりする生徒も多いようですが,テストは学力を診断したり,定着の度合いを評価するためだけのものではありません。テストを受けることによって,自身の習熟の度合いを自覚し,現時点の自分に足りない部分を補い,思考力・判断力を高めていくことができればと願っています。テスト前の学習はもちろん大切ですが,子どもたちの真の力を伸ばすのはテスト後の学習かもしれません。テストを受けるたびに力を伸ばしていってほしいと願っています。

平成30年5月25日(金)
<整備委員会が校外奉仕活動を行いました>
 25日(金)の放課後,整備委員会が校外清掃活動を行いました。
通学路のゴミを拾いながらバス停まで下校しました。視点を変えて改めて下校することで,普段の下校時には気付かなかったことに気付くなど,新たな発見もあったようです。今回の経験を今後の活動に生かしていって欲しいと思います。

平成30年5月24日(木)
<美術科の授業で鑑賞の調査を行いました>
 24日(木)の4,5,6校時の美術科授業に茨城大学教育学部の小口あや先生がお見えになり,授業形式で鑑賞に関する調査を行いました。対象の学級は1年2組,2年1組,3年2組でした。鑑賞の内容は,ルーブル美術館所蔵の彫刻「サモトラケのニケ」について,身近にある石や模造紙などを活用することで,写真から質感やスケール感などを想像して感じ取るというものでした。
 各学級の生徒たちの生き生きと取り組む姿に,大学の先生も非常に感動し,研究に生かしていきたいとおっしゃってくださいました。大学の先生との共同研究も積極的に進めることで,生徒の力を伸ばしていきたいと考えています。

平成30年5月23日(水)
<附中スポーツフェスティバル陸上競技の部(第1学年)を実施しました>
 23日(水)の2,3校時に,第1学年附中スポーツフェスティバル陸上競技の部を実施しました。日差しも落ち着き,過ごしやすい中での開催となりました。生徒たちは,参加する競技に全力で取り組み,応援でも工夫を凝らして声援を送っていました。クラスの団結に向けて全員で取り組んだ経験を,宿泊共同学習等,今後の行事へも生かしていってもらいたいです。
 また,ご多用の中に関わらず,多数の保護者の皆様に参観していただきまして誠にありがとうございました。

平成30年5月22日(火)
<附中スポーツフェスティバル陸上競技の部(第3学年)を実施しました>
 22日(火)の5・6校時に,第3学年附中スポーツフェスティバル陸上競技の部を実施しました。とても日差しが強く,高い気温の中の開催となりましたが,生徒一人一人が附中スポーツフェスティバルのねらいである「する」「みる」「支える」活動を精一杯行いました。自分の競技を一生懸命「する」こと,がんばっている友達をしっかりと「みる」(応援する)こと,準備・片付け,運営の仕事などで競技者を「支える」ことなどを通して,「みんなで世界一のスポフェスをつくろう」という思いが感じられる時間になりました。体育委員長の堀野さんから「年間総合優勝に向けて,次のスポフェスも各クラスともにがんばりましょう」という言葉がかけられました。

平成30年5月21日(月)
<附中スポーツフェスティバル陸上競技の部(第2学年)を実施しました>
 澄み渡る晴天の下,第2学年の附中スポーツフェスティバル陸上競技の部を実施しました。生徒たちは昨年度までの経験を生かし,クラスや競技を盛り上げるための応援グッズやマスコットを作ったり,応援団を編成したりするなど,スポーツを「する・見る・支える」の視点から捉え,参加することができました。自分が出場する競技に一生懸命取り組み,友達やクラスを一生懸命に応援する姿から2年生の頼もしさを感じました。
 明日は,第3学年の部を開催します。本日同様,多くの保護者の皆様のご来校をお待ち申し上げます。

平成30年5月18日(金)
<生徒総会を実施しました>
 本年度の第一回目となる生徒総会を実施しました。はじめに生徒会長笹島一太さんから生徒会活動の意義や今年の附属中生に期待することなどについての話があり,引き続き,各委員会の委員長が前学期の活動計画について説明するとともに,それらの内容についての質疑応答がなされました。質問は多岐にわたり,短時間ではありましたが,本年度の附属中学校の目指す方向性を決める有意義な時間とすることができました。学校の主役が生徒であるとすれば,その活躍の主たる舞台が生徒会常任委員会の活動にあたります。創意工夫を存分に発揮することで,附属中学校の歴史に新たな1ページを書き加えてくれることを期待しています。

平成30年5月16日(水)
<「グローバル市民科」全校ガイダンスを実施しました>

本日6校時に体育館で「グローバル市民科(総合的な学習の時間)」の全校ガイダンスを行いました。縦割り小集団で進め,アイスブレイクに続いて,生徒発表,グローバル市民科のねらい等の確認などを行いました。生徒発表の時間には,生徒代表として,皆川皓亮さんと松石怜華さんの二人が,昨年度の学びの成果を発表しました。パワーポイントを活用しながら原稿なしで生き生きとプレゼンを行う姿は,たいへんすばらしかったです。進行は,小城春佳さんと磯﨑偲遊さんが務めました。生徒主体で進めながらも,「グローバル市民科」の価値について理解を深めることができました。ガイダンスの最後には,今年度も全校講座「しあわせ社会の実現」を実施することを確認しました。保護者の方には「グローバル市民科」を進めるにあたって,ご協力をいただくことがあるかと思います。どうぞご協力をお願いいたします。


平成30年5月15日(火)
<教職大学院生とともに学びます>
 本日より,茨城大学教職大学院生による,本校における課題発見実習が始まりました。学校運営コースの8名は,現職の教員ばかりで,学校組織のマネジメントに関わる実習を行っていきます。教育方法開発コースの4名は,児童生徒の発達段階に即した学習内容や教育活動の全体像を把握し,早速1名の方は本校で授業を行いました。児童生徒支援コースの3名は,児童生徒の発達段階とそれに即した援助の仕方を身に付けます。教職員大学院生のために,将来的には地域の教育力向上のために,本校設置目的の達成を目指して,共に学んでいきたいと思います。

平成30年5月14日(月)
<いろいろなことが始まりました>
 衣替えの移行期間が始まりました。本校では,暑さや寒さを自ら判断し,制服を適切に着こなすよう指導しています。爽やかな天候に恵まれた本日は,ネクタイを外している生活を送る生徒も多かったようです。
 5月中旬を迎え,本日も様々なことがありました。まずは,今話題になっているソメイヨシノです。寿命60年説とは直接関係ないかと思いますが,本校道路側の桜の木が立ち枯れしていたため,安全面を考慮して伐採しました。また,本日より3名の大学生による委託教育実習が始まりました。未来の教師を育成するという本校の設置目的を受け,共に生徒の指導に当たってまいりたいと思います。
 集いの時間には,前学期学級委員の認証を行いました。統合61年目の前学期,生徒の皆さんには本校の価値をより高めてくれるよう期待しています。認証に引き続き,附中スポーツフェスティバルの開祭式を行いました。今年の開祭式は附中を代表するバトントワラーの皆さんによる「オープニングの舞」で幕を開け,委員長の話に続く,ベースボールスタイルの始球式など,昨年とは全く違う内容に,自主の名門の伝統は脈々と引き継がれていることを改めて実感しました。

平成30年5月11日(金)
<校内授業研究,そして夏達維様来校>
 久しぶりの太陽の光と心地よい風,爽やかな五月の天気となりました。
今日は,1年生英語科の校内研究授業(担当井田先生)を行いました。本時の目標は,be動詞「are」の使い方を理解することです。前時で学習したbe動詞「am」の学習の流れに沿って,warm-up,introduction,practice,6人でのactivity,そしてsummaryと,生徒は活動の見通しをもって真剣に取り組んでいました。オールイングリッシュの授業に,生徒の耳が鍛えられていることを感じました。


 また,卒業生保護者からご紹介いただいた「元茨城ロボッツ」の夏達維様にご来校いただき,本校の男女バスケットボール部が指導を受けることができました。夏氏は名古屋市出身で,3人制バスケの元日本代表としても活躍されたそうです。本校生徒に対して「考え,行動することを大切にしてほしい」とのメッセージをいただきました。

平成30年5月10日(木)
<校内授業研究>
 1年生家庭科の校内研究授業(担当菅谷先生)を行いました。1年生では「食生活」を学習し,本時はその第2時でした。「『食べる』とはどういうこと?」という課題を受けて,生徒の日常生活と関連付けて考えたり,グループで望ましくない食生活者へのアドバイスを考えたりしました。宇宙食やサプリの画像による揺さぶりを受けて,課題について深く考えることができました。

平成30年5月9日(水)
<健康診断が進んでいます>
 本日,1年生の耳鼻科検診が行われました。学校では,学校保健安全法施行規則で,毎年度6月30日までに各種の健康診断を行わなければならないとされています。これまでに,内科検診,歯科検診,心臓検診,尿検査等を行ってきました。治療勧告等を受けた場合には,すぐに対応をお願いしたします。また,健康面に関して何か心配なことがありましたら,学校へご連絡ください。

平成30年5月2日(水)
<避難訓練・引き渡し訓練を行いました>
 本日,午後に避難訓練・引き渡し訓練を行いました。今回の避難訓練は火災を想定しての訓練でした。生徒は真剣な表情で臨んでいました。
 また,引き渡し訓練は本校では初めての取組です。初めての試みのため,どのような準備をすればよいか,どのようにスムーズに引き渡しができるのか,いろいろ想定して取り組んでみましたが,成果があった一方で多くの課題も見つかりました。本校近隣にお住いの皆様には引き渡し訓練に伴う交通渋滞のために多大なご迷惑をおかけしてしまいました。今回の経験を生かして,さらに円滑な引き渡しができるよう,今後の対応を早急に検討していきたいと思います。引き渡し訓練に参加してくださった保護者の皆様,ありがとうございました。

平成30年5月1日(火)
<1日ホームルームを実施しました>
 本格的な夏の到来を思わせる好天の下,1日ホームルームを実施しました。本校では,よりよい人間関係を構築し,ともに高めあえる集団形成をめざして,学年初めにガイダンス期間を設定しています。1日ホームルームはその総まとめにあたり,各学年・学級集団の一層の親睦を図ることを目的に実施しています。今年の1日ホームルームでは残念ながら体調を崩してしまった生徒もいたのですが,大きなけがなどもなく,無事に帰校することができました。移動距離が最も長かった3年生の1日ホームルームにはスクールボランティアの皆様にもご協力をいただきました。誠にありがとうございました。

・第1学年
 茨城大学で榊校長先生の講義を聴講し,図書館の利用方法についての説明を聞いた後,ちとせ運動場でレクリェーションを行いました。楽しい時間を過ごすことができました。


・第2学年
 水戸市立博物館で「茨城鉄道」についての展示を見学後,千波公園に移動してレクリエーションを行い,偕楽園に移動してオリエンテーリングを行いました。


・第3学年
 水戸市少年自然の家まで歩いた後,野外炊飯を行いました。バーベキューを楽しみ,午後は2人3脚リレーなどのレクリェーションを行いました。16km歩きました。

平成30年4月27日(金)
<保護者ガイダンス・PTA総会・教育振興会総会を行いました>
 4月27日(金),午後より保護者ガイダンス・PTA総会・教育振興会総会を行いました。まず,保護者ガイダンスでは,本校教育の特色,教育課程などを説明させていただきました。PTA総会では,平成29年度の事業報告・会計報告等が行われた後,平成30年度のPTA役員を選出し,事業案,予算案等が承認されまた。教育振興会総会では,なぜ附属学校には教育振興会が必要なのかの説明の後,会計報告,予算案等の審議が行われました。
 旧PTA会長の幡谷様を始め,関係者の皆様,本当に1年間お世話になりました。また,新PTA会長の磯﨑様からは,リチャード・ドーキンスの「利己的な遺伝子」中の「ミーム」を取り上げての挨拶がありました。今年一年間,どうぞよろしくお願いいたします。

平成30年4月25日(水)
<薬物乱用防止教室を行いました>
 本日,本校薬剤師の岩間みち子先生をお招きし,薬物乱用防止教室を実施しました。パワーポイントを使って,画像や動画を元にお話をしてくださり,生徒は真剣に話を聞いていました。特に,たばこ喫煙の害や薬物中毒に関するお話には驚かされました。先生からは「もし友達に誘われたらどうするか?」という対処法も教えていただきました。自分の身体は自分で守るという強い意思が何よりも重要であることを再確認しました。

平成30年4月24日(火)
<交通安全教室を行いました>    
 4月23日(月)の5時間目に,茨城交通の方々を講師にお迎えして,交通安全教室を行いました。本校生徒の多くは公共交通機関を利用して登下校をしています。茨城交通以外のバスを利用している生徒へも配慮しながら,バスの乗降の仕方やバス車内での過ごし方などについて,様々な事例をもとに説明をしていただきました。
 講演終了後,各学級の代表生徒が茨城交通のバス(通称「らくがきバス」)に思い思いのデザインを描き「附属中統合61周年」を記念したオリジナルバスを完成させました。このバスは水戸市近郊のバス路線をランダムで運行するとのことです。オリジナルバスが街中を走る姿を見ることを楽しみにしています。

平成30年4月20日(金)
<学校の生活の様子から>    
 新年度が始まり,2週間が経とうとしています。現在生徒は,担任の先生とともに学級の目標や組織を決めたり,5月1日に迫っている1日ホームルームの準備を行ったりしています。また,4月18日(水)からは家庭訪問が始まっています。家庭訪問では,各担任が学校の方針を伝えたり,保護者の方からご意見をいただいたりし,今後の教育活動に生かしていく予定です。家庭訪問は4月26日(木)まで続きます。どうぞよろしくお願いいたします。
 下の写真は,朝の学校の様子の1コマです。
 登校時,生徒たちは地域の方とのバランスを考え,お互い怪我をしたりしないように一列であるいています。昇降口の靴箱は,生徒たちがきちんと外靴を収めていて,いつも整った状態を保っています。また,生徒会役員による掲示板もあります。生徒が生徒に呼びかける取り組みを「素晴らしいですね。」と言ってくださるお客様もいらっしゃいます。

平成30年4月13日(金)

<生徒会入会式を行いました>    
 12日(木)の5,6校時に「生徒会入会式」を行いました。新入生が附属中学校での生活にいち早く慣れてほしいとの願いを込めて,2,3年生は昨年度から「生徒会入会式」の準備を進めてきました。内容も盛りだくさんで,「常任委員会の紹介」,「有志発表」,「縦割り小集団活動(謎解き)」などと,生徒主体の発表が続きます。2,3年生が次から次へと繰り出すパフォーマンスに圧倒されたり,心を奪われたりした1年生も多かったことと思います。入会式の締めくくりで,新入生代表の岡田誠司さんがお礼の言葉を述べました。2,3年生への感謝のみならず,1年生としてできることを実践していこうとする意欲に満ちた素晴らしい内容でした。
 明日は,授業参観及び学級PTA集会を予定しています。ぜひ学校に足をお運びいただき,生徒たちの活動の様子をご覧いただければと思います。なお,保護者の皆様には東門から入構していただくことになります。係の者の指示に従ってご駐車ください。重ねてよろしくお願いいたします。

平成30年4月11日(水)
<全校ガイダンス>    
 本日,6校時に「全校ガイダンス」を実施しました。新入生を迎え,全校生徒461名による初めての全校集会となりました。「全校ガイダンス」では,「附属中生としての心構え」や「学校生活のきまり」,「部活動に関すること」,「保健室の使い方」などをそれぞれの担当より話をさせていただきました。話を聴く生徒たちの表情は真剣そのもので,しっかりとメモをとる生徒の姿も見られました。現在,各学級の組織づくりが着々と進んでいます。さらに高い価値を求め,たくましく実践し,ともに向上していこうとする生徒たちの姿は頼もしい限りです。明日予定している「生徒会入会式」では,本日,聴く側であった生徒たちが主役となります。「自主の名門」を具現化していく生徒たちを今後も応援していきたいです。

平成30年4月10日(金)
<平成30年度 第61回入学式> 
 本日,第61回入学式を挙行しました。附属中学校の伝統を引き継ぐことになる新入生の入学を,2,3年生の生徒たちも心待ちにしていました。大切なご子息をお預かりする学校といたしましても,生徒一人一人が抱いている夢や希望を一層膨らますとともに,現時点での不安などをいち早く解消することができるよう,全職員で支援してまいりますので,宜しくお願い致します。
 茨城大学教育学部副学部長,瀧澤利行様をはじめ多くの来賓の皆様にご臨席を賜り,144名の新入生を迎えることができました。新入生代表誓いの言葉を務めた菊池花音さんは,自分の言葉で堂々と中学校生活への抱負を述べることができました。在校生代表歓迎の言葉は,生徒会長の笹島一太さんが務めました。歓迎の言葉の途中から在校生が歌った記念歌「みち」は,昨年度の60周年を記念して生徒たちがつくったものです。暖かな陽だまりに包まれて迎えた入学式。本年度の附属中学校の新たな出発,そしてさらなる発展を大いに感じさせるものでした。新入生を含めた附属中生の一層の活躍を期待しています。

平成30年4月6日(金)
<平成30年度 着任式・前学期始業式> 
 本日,61年目を迎えた附属中学校の新年度が始まりました。例年にない早咲きの桜の花に包まれながら新クラスのメンバーを確認した生徒たちの表情は皆明るく,久しぶりの級友たちとの再会を互いに喜び合う姿が見られました。新しいクラスメイトとの出会いや,着任式での新任の先生方との出会いなど,多くの出会いを通して生徒たちは成長していきます。着任式では吉成朋夏さんが新任の先生方への歓迎の言葉を自分の言葉でしっかりと述べることができました。始業式で学年代表を務めた2年生代表の延島真優さん,3年生代表の皆川皓亮さんも原稿に頼らずに堂々と抱負を発表することができました。1年生から2年生,2年生から3年生に進級した生徒たちの本年度の一層の活躍を期待しています。本年度もよろしくお願いいたします。

バナースペース


アクセスカウンター


ブログカウンター


無料カウンター